先輩からのメッセージ

平成15年入社
工事部
K大学 工学部 機械工学科卒
安田 貴博

工夫やアイデアが形を成していく喜び

いちばん思い出に残る仕事は?

監督としての初めての仕事が印象に残っています。人手不足の突貫工事、しかも使う配管が多種多様。体制的にも技術的にも困難が多く、それに管理者ですから、無理はないか無駄はないかと、多くの方に気を配りながら、全体を見渡して仕事を進めていくのが大変でした。しかし、困難な仕事に全力でぶつかったおかげで、この仕事を乗り越えてから、ひと皮むけたとでも言うのでしょうか、ずいぶん自信がついたように思います。

この仕事のやりがいは?

自分で考え示した段取りが、形を成していくことに手応えを覚えます。しかも現場によって内容や条件が異なるので、毎回新鮮さを感じ、チャレンジ精神がかき立てられます。大変なことが多い仕事ほど、完成したときの喜びは大きいですね。